国際建築文化サービスは1997年に創業し、伝統建築物の設計・監修に取り組んできました。2016年にはNanjing AOS Communication Technology co. LTD.と共同で電子決済を研究するUnifPay Japan Payment部門を社内ベンチャーで立ち上げました。今日に至るまで、電子決済に関する研究開発プロジェクトを共同で運営してきました。これまでに開発した電子決済システムの中で、複数の決済に同時対応可能な電子決済システム「UnifPay(以下、ユニペイ)」の先進性が認められ、2017年に弊社はTencent Holdings Limited(以下、テンセント)とライセンス契約を結び、WeChat Paymentの提供を開始しました。www.unifpay.com

メッセージを送信しました